死亡率の高い心臓病を運動や食事から予防しよう!

酸素を送るための臓器が病気になると

心臓病はがんのについで死亡確率の高い病気です。死亡する確率の高さで二位の病気で狭心症や心筋梗塞といった病気を持つ人も非常に多くいるのです。年齢が増してくることによって動脈の壁も固くなります。更に血管内部にコレステロールが溜まれば、狭い血管を流れる血液が詰まってしまうのです。これが動脈硬化と呼ばれる現象ですが、動脈硬化になれば全身に酸素を送る役目を担っている心臓自体が酸欠状態になってしまいます。このように心臓病はとても重い病と言えるでしょう。

ウェイトトレーニングよりジョギング

心筋梗塞は朝方の突然死が多いことは良く知られています。朝起きて急に動いたりすることで起こることがあります。運動するのは朝起きてから十分に時間が経った四時間後が目安です。食後の運動も消化吸収を考えて二時間は空けましょう。心臓病の人が運動する場合はウェイトトレーニングなどの重たいものを反復させるような運動より、ウォーキングやジョギングなどの移動するようなトレーニングがオススメです。心臓に負荷をかけ過ぎないように十分注意して行いましょう。

心臓病を食事から予防する

病気はどんな人にでも起こり得ることです。病気になればお金もかかるし出来ることならば病気にならずに済ませたいものです。病気にならないためには健康な体が必要ですが私たちの健康というものは食事によって大きく左右されているということは間違いないでしょう。日に三度の食事を365日繰り返すわけですから摂取しているものの影響ははかり知れません。貝やイカ、タコにはタウリンが含まれており心臓病の予防になるとされています。

僧帽弁閉鎖不全症は、僧帽弁がうまく閉じないので、心臓の働きが弱くなります。心臓に限界が来ると、心不全を起こします。

You may also like...