いつ?どこで?どのようにして病気になってしまうのか?

癌よりある意味で恐ろしい?

癌がニュースで話題になり易いですが、癌以外の病気はテレビで話題になるかというと少ない気がします。心臓病はある意味恐ろしいと感じますが、それは日頃の生活が絡んでの事です。それは癌同様ですが、早期発見できれば完治しますし、長生きできると言われています。癌や心臓病は普段から気をつけていても、些細な仕草や違和感から気になって病院に診てもらうと、いきなり癌だったり、心臓病だったりと結果的に奈落の底に突き落とされた気分になるでしょう。

些細な事から発見した結果が?

病気は普段から持っていない人もふとした行動から発見したり、会社での健康診断からたまたま見つかったという例があります。仕事していると、病気を患った後はどのように生活するのか、特に手術が必要と診断されると会社との兼ね合いと病院との日程調整が必要になります。心臓病だと分かると、すぐに手術する選択肢があります。緊急を要します。特に救急車で運ばれてきた人は、意識が無かったり、激痛の中で運ばれるだけにすぐに手術が必要となるケースが多いです。命にかかわる病気だから、治療優先第一です。

心臓病は自覚症状なし?

癌は病院で診断されますが、心臓病の場合は突如襲われる病気と認識します。普段元気な人が突然急死する話を聞いた事がありますが、大概の人は昨日まで元気だったのに、という声をよく聞きます。それはお年寄りだけでなく、若い人にも当てはまります。診断結果から心不全だったり、脳梗塞、くも膜下出血に自覚症状が無かった例が圧倒的で、後に患者の行動を調べると日常生活上に問題があった事が分かります。健康診断の数値を調べてそこでシグナルが出ていた事を知ります。心臓病は突如襲ってくることを自覚していますが、対策が無いので頭を抱えますよね。

大動脈瘤になったら症状として表面化するのはお腹あたりに出ることがあります。瘤なので小さくプクッと膨らみます。

You may also like...